ネットで情報を発信するためにできること

この記事をシェアする

インターネットでの情報の扱い方での注意点

SNSでの注意点

SNSは、情報を届けたい人と直接関わることができる、双方向のコミュニケーションの場所です。
だからこそ反応がすぐにわかる、という大きなメリットがあります。
また、何らかの形でその情報が拡散されたなら、伝達の速度も他の追従を許さないものがあります。
それだけに、間違った印象を与えてしまった場合の訂正が難しい側面があることは、事前に考えておきたいことです。
たとえ投稿や情報を削除したり訂正しても、先に伝わった情報に重きが置かれてしまいがちです。
良い意味での爆発的な拡散は喜ばしいでしょうが、そうではなかった場合のことを考えても、掲示する情報の真偽、また正誤や印象について、投稿前に熟考するのが賢明と言えます。

有料広告の注意点

有料広告は、出す際に多くの場合その媒体での審査があり、それを通過したものでなければ掲示できません。
ですので、情報の質という点ではある程度そこで担保されると考えてもよさそうです。
しかし他の記事でも述べた通り、有料広告は出稿するのに、またそれを維持するのにお金がかかります。
更に言うと、今出したい情報を、すぐに出せるというわけでもありません。
ですので時間や資金といった、いろいろなリソースを確保している状態でなければ運用は難しいでしょう。
また、情報を見た人からの直接のフィードバックも得づらい手法です。
その代わり、細かくターゲットを絞って情報を掲示できる点では、有料広告の右に出るものはないと言えるくらいです。



PAGE
TOP